愛憎か?愛か?問題。 「自分を許す」とは?

愛憎か?愛か?問題。 自分を許す。 とは、どういう事か?愛憎か?愛か?問題。

「自分を許す」とは?

 

さて、アドラー心理学のアドラーは

人の苦悩の原因は、ほぼほぼ人間関係であると言っています。

確かにそれは、納得なのです。

 

仕事であっても、結局その問題の根底を追求していくと

対、人が浮かび上がってきます。

 

そして、ここからヴェーダ的にみたならば

結局は、その対象になる人ですら、自分の心を映し出す「何か」であることがわかってきます。

 

写し鏡。

これは、語源はしりませんが、そのような意味合いに似ていると思います。

 

結局は、現実は心が映し出したマーヤであるということ。

人間関係なんだけど、自分と自分に向き合うことに、最終的になるわけです。

 

相手ははっきしいって、関係ない。

 

例え話をします。

 

AさんはBさんを愛しています。好きです。

しかし、それによりここで、人間関係が生じます。

 

愛している。という純粋な気持ちから、色んなものも生み出されていきます。

 

ときには、愛憎・嫉妬・執着そして、多くのひとはそれに、翻弄されるわけです。

 

仏教の教えも、解釈で色々ですが

時には、愛することすら抑圧・禁止だという話も聞きます。

それが愛憎の元だと。

それを聞いて、仏教ってなんか・・暗い・・と思う人もいるようですが・・。

 

愛そのものを否定するような解釈を聞くことも時々あるので

混乱するところです。しかしこれも、人伝えの伝言ゲームみたいなもんです。

 

私が以前、ヨガ仲間と話をしたときには

「あれって、解釈きっと違うよね?」ということになりました。

慈愛については、釈迦は教えてくれているわけなので

本当に、愛するなと言ったのかどうかは、

 

タイムスリップして、ご本人に聞くか、

 

ぽくぽくぽく・・チーン!と、自分でインスピレーションで受け取るかしか方法がありません。

 

いまのところ、ヴェーダという叡智のヨガ的にとらえても

「愛の在り方」を言っている。のではないか?というところに

私の解釈は落ち着いています。愛そのものを、もっと理解しろと。

 

しかし、私の中で、以前はやや疑問は残ったままでした。

そこまでの教えは、わかった。では次は取り組み方についてです。

 

それを経験に腑に落としていくのは、どうするのか?という

行為のヨガである、カルマヨーガ的にはどうするかです。

 

例えば、Aさんは、Bさんを愛することで、自分の中にある

愛憎や、嫉妬というものが、心にあるのに気付いた。

 

こんなもの、もっていたくなわけです。

心が綺麗に清らかに浄化して整えたいですよね。

 

では、そもそもAさんは

Bさんと一緒にいるから、それが生み出されているのでしょうか?

それとも、Bさん関係なく、自分の心の中にあるそれの問題なのでしょうか?

 

もし後者ならば、Bさんとの関りを断っても、

その自分の心にある「愛憎や嫉妬の種」は残るのか?。いつでも育つことになるのか?

という疑問にまずは、至りました。

 

つまり心を綺麗にするという意味では、Bさんの元を去るだけでは

根本的解決になっていないのではないか?と思ったことがありました。

 

であれば、そもそも

愛憎になるから、人を愛するなというのは、

せっかくのこの地上での経験、気づきのチャンスを失ってしまうものなのではないかと思ったのです。

 

でも?気づいたならば、

わざわざ、そんな愛憎が生み出されるような環境に、いつまでも身をおくのも必要ない。

 

自分の中に、そんな種があると気づいたならば

それで、もうその気づきのための経験はした。

つまりBさんからの卒業でもいいのかもしれません。

 

二つの選択があると思います。

 

それでもなお、「Bさんに対しての愛憎を、愛にかえる手段について理解する取り組み」をするのか?

または、

「自分にそんな種があった事に気づいた。もうそれを生み出すような関係性は不要だ」

を選択するのかです。

 

ひとつだけ、はっきり腑に落ちている点はあります。

 

どんな選択にしろ、「自分を愛する」ことを大前提にした選択です。

 

愛憎を持つというこは、自分自身を苦しめます。

自分を愛するならば、自分を傷つけるような学び方は、

それ以上選択しなくていいのだと思います。

 

もし、さっきの二択の後者であっても

「逃げ」とは違う。「卒業」です。

 

もし、また同じパターンを繰り返すのであれば

根本的な問題を無視した「逃げ」だったということ。

愛することや、愛の在り方をまだ理解しないままいなっている。

 

何に気づけということだったのか?まだ理解が足りていなかったということ。

 

誰に対しても純粋に愛することが自然に出来るような

その調和を目指すならば、

まずは自分の中に調和を生み出す・自分を愛することは不可欠。

 

ならば、それを感じることが出来る私を「選択します」という意図でいいと思うのです。

 

それが、相手がBさんなのか?違う人なのか?

はっきしいって、どっちでもいいのかもしれません。

 

ようは、自分もBさんも、Cさんも・・・

みんなが幸せで、愛に満ちていればいい。

その選択。

そう心の深い部分から思えたとき、きっと

心の中にあった愛憎や嫉妬の種は消滅するのでしょう。

 

そして、もうひとつ大事なことは

自分を傷つける人に対しても、同じ観点です。

 

相手は関係ないということ。

「自分が自分をもう傷つけない」つまり、自分をそういうポジションにおかないことです。

そうすると、時にはその人や場所から「去る」という選択もでてくるかもしれません。

 

でも、

「自分を傷つけない・自分を愛する」という選択に気づけたならば

もうその種も消滅する。精華される。

つまり、もう自分を傷つけるような人が、現実には投影されなくなる。


Bさんが、変わるかもしれません。
Bさんではない人たちが、目の前に現れるかもしれません。

いずれにしろ、どういう調和の世界で生きるのか

 

自分の人生をそのように、許可していくことは大事です。

「自分を許す」とは、そういうことだと思っています。

 

【お知らせ】

・黄金軸をつくる講座、プロ養成コースは締め切りました。

次期開催時期は、未定です。

・沖縄リトリートも、締め切りました!ご自身のお車でご参加のケースのみアレンジ可能です。今回は予定が合わず断念された方も、ぜひ次回はご一緒に(^^

 

・ヒーリングを、本“氣“で学ぼう!元極学医療気功講座は

お申込み受付中。

 

10月の個人セッション枠も、ほぼ埋まっておおります。11月のセッションは受付中です。


【特別無料プレゼント】

〜プレゼントの受信方法〜中神レナLINE     でお友達になる♪ 



フリーコミュニティーにて

無料イベント(一斉遠隔イベントや、プチリーディング、相談会などやってますー。


プロフィール欄のURLをクリック✨↑※もし追加できない場合は@ 141yvmaoでLINE ID検索♪(@もお忘れなく!)


ブログランキングに参加します!愛のクリックお願いします♫
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

veenaroom

Author:veenaroom
Veena Room の レナです★
一人一人が幸せになることが、
この世界の平和に繋がる。

心・体・魂・聖地リトリートの情報
配信してます。

ラインでお友達になってくださった方に
無料プレゼント企画しています!
友だち追加

フリーエリア

ランキング参加はじめました!愛のクリックお願いします♫ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR